オートローンの審査時間

金融期間によって違うオートローン審査の時間

オートローンの審査時間ってどれくらい掛かるものなのでしょうか?

 

申込先の金融機関によって、目安となる審査期間は変わってきます。

 

【審査時間の大まかな目安】

  • 銀行系オートローン(窓口申し込み):1週間〜2週間
  • 銀行系オートローン(ネット申し込み):1週間〜2週間
  • JA,ろうきん系オートローン:3日〜7日
  • 消費者金融系フリーローン:即日〜翌日
  • ディーラーローン:30分〜60分程度

 

審査時間で一番早いのは、ディーラーローンです。

 

車を購入するディーラー経由で申し込みをすると、曜日や時間帯にもよりますが1時間以内に審査結果が分かります。

 

逆に最も審査時間が長いのが、銀行系のオートローンです。

 

特に銀行の窓口経由でローンに申し込んだ場合は、長くて2週間前後の審査時間を要することがあります。

 

では、同じように審査するのに、どうしてこれだけの時間差が出るのでしょうか?

 

 

【銀行系ローンの審査時間が長い理由】

  • 他金融機関と比較すると、より慎重に審査する傾向にある
  • 受付け窓口から審査部に書類が届くまで時間が掛かる
  • 承認者が多いため、多くの承認を得るために時間が掛かる
  • 土日祝日は休業

 

【消費者金融フリーローンの審査時間が短い理由】

  • 「すぐにお金を借りたい」という人も多いため、競合他社に負けないために審査時間を早くしている
  • 最終承認までの距離が短い
  • データベースで処理が完結する
  • 土日祝日も営業日として稼働している

 

【カーディーラーのオートローンの審査時間が短い理由】

  • 融資が決まらないと車購入とならないので、ディーラー営業マンが手厚くサポートしてくれる
  • 年収や借入状況を確認した段階での審査結果のため、提出書類に不備があると時間は掛かる

 

 

オートローン審査時間のまとめ

基本的に審査時間が短いほど、金利は高い傾向にあります。

 

これは与信力と関係してくるのですが、ある程度の年収があって他社借入もない状態の与信力のある人は、できるだけ低金利のオートローンに申し込む方がお得です。

 

審査は厳しくなり審査時間も掛かりますが、安い金利でお金を借りることが可能となります。

 

逆に低年収や他社借入が心配な人は、先ず消費者金融フリーローンなどの仮審査などを受けてみることをオススメします。

 

仮審査なので審査落ちしても信用情報機関にデータが残ることはありませんし、審査可否の目安を知ることができます。

 

もちろん公式サイトで10秒くらいで審査結果は分かりますので、すぐにお金を借りたい人は試してみて下さい

 

仮審査で「お金を借りる」ことができる結果が出たら、そのまま本審査に進めば入力のニ度手間も省けます。

 

仮審査ができるフリーローンはこちら>>事前審査による結果表示が可能なフリーローン