あなたの信用力で借入れ可否や借入金額・金利が決まります!

与信とは

お金を借りようと金融機関の情報などを集めていると与信という言葉を目にするようになります。

与信について

基本的にはその人の「信用力」のことで、信用力に応じて借入れの枠が変わってきます。

 

与信は、その人の

  • 返済能力(Capacity)
  • 返済資質(Character)
  • 返済担保(Capital)

の三つで評価され、頭文字から3Cとも呼ばれています。

 

基本的にはオートローン審査と同様の項目で判断されることとなります。

 

それらの診断結果はデータとして残り、カード会社や個人信用情報機関に蓄積されることになります。

 

過去に申し込んだ履歴が残るので、審査に落ちた経験がある人は「いつ、どこ」に申込んで落ちたのか、どうして落ちたのか、などのデータが実績となり照合結果として表示されます。

 

ちなみに勤務先の会社名なども入りますので、そこの会社で延滞が多い場合などは会社単位で警告が出る場合あるので注意が必要です。

 

会社だけでなく、住所や電話番号が同じ家族に延滞があっても照合結果として警告が出ます。

 

警告が表示された場合は、各金融機関ごとに既定があるのでそれに沿って審査されることとなります。

 

過去に返済トラブルを起こしている場合などは、新規の借入れはほぼ不可能だと思っても間違いありません。

 

このように過去の返済履歴やその人が務めている会社・属している家族の借入状況などに応じて、その人の与信は変わってきます。

 

自分以外の外的要因で与信が下がってしまうこともあるのは納得いきませんが、それも含めて自分の信用力を高めるように普段から意識しておくことが必要です。

 

今の自分がどこの金融機関で借入れができるかは、こちらのページでご確認を≫オートローン審査@低金利ローンに申し込む前にお読みください

 

 

オートローンは延滞履歴があると借入れは厳しいというのが一般的に言われています。もちろんこれはオートローンだけでなく、 ローンやキャッシング・ショッピングなど全般にわたって言えることです。 過去に支払延滞がある人は借入れ申込みをしてもほぼ審査に落ちるので、無駄に「申込みの落ちた」という実績を上塗りすることのないように借入れを諦めることも必要です。 ショッピングをリボ払いにしたりすることで、自分の返済能力を上回ったショッピングをしてしまうケースなどもあるのでご注意を!