オートローン審査

申込みブラックになったら大変!オートローン申込みは慎重に!

オートローン審査の審査項目って何があるの?

銀行のローン審査

オートローンの審査項目には主に下記があります。

  • 年齢
  • 年収
  • 勤務先
  • 勤務歴
  • 現在の借入れ状況
  • 返済履歴

 

この中で注目される項目は、

  • 年収
  • 現在の借入れ状況
  • 返済履歴

の3つです。

 

 

【1】収入(年収)

これは単純に年収が高ければいいということではなく、収入(年収)に対して借入額がどのくらいの割合になるかということを見られます。
もちろん他社から借入れがあれば、その残債(借入枠)も含めての試算となります。
年収と比較して借入額が多いと判断されれば、借入れ希望額を満額借りられない場合もあります。

 

【2】現在の他社借入状況

収入がいくら多くても他の金融機関からたくさんお金を借りていては、収入に対する返済比率が高くなってしまいます。
将来的に収入が減ってしまうとたちまち返済が滞ってしまう危険もあるため、残債額や返済期間などもしっかりとチェックされます。

 

【3】返済履歴

過去のローンやクレジットカードでの買い物などで延滞・遅延がないかを調べられます。
過去5〜7年以内に延滞や遅延がある場合は、ローン審査通過は厳しいと思って下さい。

 

 

これらの項目を審査されて借入可否が決まります。

 

各金融機関で審査条件が違ってくるので、「これくらいの年収があれば大丈夫です!」と一概には言えません。

 

それだけにオートローン審査は「申し込んでみないと分からない」というのは現実なんです。

 

じゃあ「とりあえず審査が通るかどうか申し込んでみよう!」と思われるかもしれませんが、それはそれで問題があります。

 

どういう問題かというと「ローンの審査実績」は約半年間程度、記録として残るということです。

 

 

申込みブラックにならないように借入先を検討しましょう!

ローン審査に申し込んで「借入れ不可」となった場合に、その実績が信用情報機関に約半年間残ります。

 

だから審査に落ちてすぐに他の金融機関に申し込んでも「この人は他の金融機関で落ちているな」と分かってしまうのです。

 

他社で審査落ちしている人に対しては、当然警戒して審査をすることになり審査落ちしてしまう可能性も高くなります。

 

そうなると2件続けて審査落ちしたという実績がさらに残り、俗にいう「申込みブラック」というような状態になってしまうのです。

 

このような状況ではしばらく期間を置かないと、何回申し込んでも審査落ちしてしまうことにもなり借入れ時期が間に合わなくなってしまうから要注意です。

 

だから、最初にどこへ借入れ申込みをするかということには慎重にならなければなりません。

 

低金利のオートローンに申し込もうとしていませんか?

銀行

お金を借りるならば金利が低いところから借りたいと思うのは当然のことです。

 

でも、低金利ということはそれだけ審査基準は厳しいということです。

 

返済能力が高いと判断するから金利を低くしてお金を貸してくれるわけで、金融機関は審査で返済リスクが高いと判断した人には金利を高く設定してリスク回避をはかります。

 

今の自分の収入や借入状況などを考えてみて、低金利のオートローンに申込みをして審査が通過するかどうかを考えてください。

 

安定した収入があって他からの借入れもないというならば、「住信SBIネット銀行 Mr.自動車ローン」などの低金利オートローンに申し込むのがいいでしょう。

 

 

しかし、少しでも不安があるなら慎重に行動することをオススメします。

 

特に車の購入時期が迫っている方は、より慎重に検討してください。

 

審査落ちして審査実績にキズがつくと、借入れ自体が厳しくなってしまいますから。

 

 

自分の与信に不安がある場合はどうしたらいい?

 

多少金利は高くなりますが、用途自由のフリーローンで借入れを検討してみることをオススメします。

 

例えば、楽天銀行スーパーローンは下記のようなスペックです。

 

 

 

●楽天銀行スーパーローンの概要

楽天銀行スーパーローン

  • 金利:年1.9%〜14.5%
  • 最大限度額:800万円
  • 申し込み:来店不要(インターネット経由)
  • 審査時間:最短当日〜2営業日
  • 保証人:原則不要
  • 入会金、年会費:永久無料

★公式サイト>>楽天銀行スーパーローン

 

オートローンとして利用するにも充分な内容のカードローンです。

 

それにあの楽天市場の楽天が運営する金融機関なので、楽天ポイントの獲得や楽天市場での利用など用途が広くお得に活用できるのも人気です。

 

★詳細はコチラから楽天銀行スーパーローン

 

 

それでも審査が通るかどうかが心配だという方は、大手フリーローンで事前審査による結果表示を受けてみてはどうでしょうか。

 

 

大手フリーローンの事前審査による結果表示を受けてみましょう!

大手フリーローンの事前審査による結果表示とは、ホームページ上で自分の
・生年月日
・性別
・健康保険の種類
・年収
などの情報を入力することで事前審査による結果表示が受けられるサービスです。

 

インターネット上で簡単に審査結果が確認できます。

 

もちろん無料で利用できて、審査実績には残りません。

 

入力から審査結果が分かるまで、1分も掛からないので今すぐにでも確認できます。

 

事前審査による結果表示ですが、その金融機関から借入れができるかどうかの目安になります。

 

下記の大手フリーローンで事前審査による結果表示が可能です。

 

 

【事前審査による結果表示が可能なフリーローン】

 

モビット

125×125 静止バナー

  • 【10秒簡易審査】
  • 借入利率:3.0%〜18.0%
  • 限度額 :800万円
  • 担保・保証人:不要

 

モビットの魅力はなんといっても「WEB完結」!
電話連絡と郵送物がないのでとっても便利!
★公式サイト>>三井住友銀行グループのモビット

 

 

プロミス

最短1時間

  • 【3秒診断】
  • 実質年率:4.5%〜17.8%
  • 限度額 :500万円
  • 担保・保証人:不要
  • 最短で1時間融資が可能

30日間無利息が魅力のプロミス。初めての借り入れ翌日から適用となるのはプロミスだけ!
(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

 

★公式サイト>>プロミスは30日間無利息!詳しくはプロミス公式サイトで確認♪

 

★女性はコチラから>>安心のプロミス女性専用キャッシング
「女性オペレーターを希望される方は男性でもご利用可能です」

 

 

アイフル

  • 【3秒審査】
  • 実質年率:4.5%〜18.0%
  • 極度額:500万円以内
  • 担保・保証人:不要

 

★公式サイト>>アイフル

 

 

オートローン審査に落ちる理由としては「収入に対して借入れ額が大きい」「過去に返済事故があった」という2つが大半です。 最近ではアルバイトや主婦の人でも借入れ可能なローンも登場しています。正社員のような安定した収入でなくても、借入額が大きくなければローンを組めることもあります。 用途指定のローンは低金利ですが、比較的審査も厳しくなりがちです。用途自由のフリーローンは金利は高くなりますが、低金利ローンよりも借入れの可能性は高くなります。 また、フリーローンは原則的に保証人が不要です。銀行ローンやJAなどでは保証人をつけることを条件にローン審査が通ることもありますが、保証人探しはかなり苦労します。 ローンの審査条件については金融機関や信販会社によって異なりますが、一般的に低金利なほど審査は厳しくなる傾向にあります。 申込みブラックにならないように、慎重に借入先を検討して申込みをしましょう。